第5回 新未来塾@大阪

セミナー
DSC_0103

第五回 新未来塾@大阪を開催いたしました。

 

前半のアイスブレイクでは、流れ星ゲームを行いました。

流れ星ゲーム

  • 発表者が行った物(「流れ星」「月」「木」「月」)を紙に書いてもらう
  • それを見せ合う

同じ話を聞いて書いたのに、人によって書いているものが全然違いました。

つまり、話し手の一方通行の話を聞いたとしても、聞き手とのイメージの共有を完璧に行うことは難しいです。仕事などの複雑な話になるとさらにイメージの共有は難しくなります。

ワークショップでは、何か物事を伝える際には、丁寧なコミュニケーションを行う必要があることを学びました。

 

セミナーでは、

最新のビジネスの状況をおさらいしました。I.O.Tやアプリケーション、A.I.、リルビジネスなど様々な技術や時代の流れを既存のサービスと組み合わせてるビジネスを紹介しました。

旅行者と宿泊所の提供者をマッチングさせるサービス「AIR BnB」や、一般の人が自分の車を使って他人を目的地まで送るサービス「UBER」などを他にも多くのビジネス事例を紹介しました。

全てのサービスに共通しているのは、時代の流れや新しい技術を既存のビジネスと組み合わせて作っている点です。

新しい技術が出れば、それに合わせて新たなニーズが生まれます。

スマートフォンが世に出れば、スマホカバー、保護フィルター、セルフィースティック(自撮り棒)など様々なものが開発、販売されました。

実は、自撮り棒は1980年代に日本ですでに開発されていましたが、需要がなく普及しませんでした。

その後、スマホの登場。インカメラの画質の向上や自撮り文化の普及などでようやく時代の流れが追い付き、30年越しに自撮り棒が普及しました。

30年前日本で販売された自撮り棒は時代の流れの2,3歩先を行き過ぎたのかもしれませんね。

 

時代の流れを読み 早すぎてもダメ、遅すぎてもダメ ちょうどよいタイミングを見つけてビジネスを始めることの大切さを学びました。

 

次回は、京都・大阪新未来塾で1泊2日の合同合宿です。12月の中期事業計画のプレゼン大会に向けて準備を行っていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
Recent Posts
IMG_0328-1shakehands760