資本政策に関する勉強会を開催しました。

ニュース
face
IMG_0315

はじめに

外部から講師を招き「会社の資本政策」に関しての勉強会を行いました。

勉強会では、資本政策の基本的なことから、ベンチャーキャピタル(VC)やストックオプション(SO)の導入時期、資産管理会社の賢い活用の方法などを教えていただきました。

勉強会で学んだことを少しだけ

ストックオプションとは

「新株予約権」の一形態。一般的には、役員や従業員に会社の業績を伸ばし、株価を上げるための努力を促す。また、人材の採用や社外流出防止策として活用するために、権利を無償で与える新株約束権のことです。

ストックオプションのメリット・デメリット

会社は、ストックオプションを導入することで、社員の積極的な経営参加を期待することができます。

従業員にとっても、株を無料で取得することができ、上場後に株価が権利行使額を上回る差額だけキャピタルゲイン(報酬)を得ることができます。さらに、株の所有者が選択権を持っているので、株価が下回っていても権利行使をしないことができます。

まとめ

ストックオプションやベンチャーキャピタルを利用するにしても、しっかりとした事業計画が必要となってきます。経営戦略を立て、その時々の状況に合わせた資本政策を実行することにより、会社を大きく成長させていくことができます。

しっかりと計画・戦略を立て、先を見通す力を持つことが経営者に求められるものだと思いました。

今回の勉強会では初めて聞く単語が多かったです。分からなかった単語を中心に勉強をしていこうと思いました。

お知らせ

パーカーズ・ピースでは今後も有益な勉強会を開催していく予定です。勉強会で取り扱ってほしいテーマなどありましたら、ご連絡ください。

 
 
Recent Posts
DSC_4883IMG_0308-1