Cocolo塾に参加しました。

ニュース
11725095_805050709593020_294826436_o

7月7日七夕の日にCocolo塾「”倭僑”を世界へ ~MBAからの手紙」にて、パーカーズ・ピース代表の押尾が自身の経験をもとに「海外での仕事」について講演を行いました。

 

押尾さんの話

押尾さんは、MBA取得、上場企業、ベンチャー企業、海外での就業経験があり、現在は京都で会社を経営しています。

大学卒業後からMBA取得、海外で就職した経緯や経験などを話してくれました。

小さい時から会った「経営者になる」という夢を見事実現しました。現在は、新たな夢を発見して、実現するために日々活動をしています。

 

印象に残ったこと

押尾さんの発表の中で、夢を叶えるには、「好奇心」「持続性」「楽観性」「柔軟性」「冒険心」の5つのスキルが大切だと言っていました。

好奇心」:たえず新しい学習の機会を模索し続けること

持続性」:失敗に屈せず、努力し続けること

楽観性」:新しい機会は必ず実現する、可能になると ポジティブに考えること

柔軟性」:こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること

冒険心」:結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

偶然の出会い、出来事を逃さない準備を怠ってはいけません。「偶然を必然に変える力には、上で挙げた5つのスキルが大切になる」と教えていただきました。

 

全体を通して

人生は選択の連続だと思います。そのたびに決断をしていく必要があります。やりたいことや自分の夢を見つけるには、多くの選択肢と出会うことが大切だと思います。5つのスキルを意識して生活していくことは、自分のやりたい事、夢を見つける可能性を上げることができると思いました。

音楽、旅人、サッカー選手獲得、山登りなど様々なことに挑戦してきた押尾さんの生き方を聞いて、

できるできる君ならできる。 あきらめなければ何でもできると感じました。

「夢を持つことは素晴らしく、叶えるために行動することは美しい」

そんな当たり前のことを思い出すことができました。

 
 
Recent Posts
IMG_0308-1DSC_4883